とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕上げ(トーンワークそして完成)

さてさて、仕上げが終った。

最近はSHADEをまったく触ってもいません。
で、気晴らしにまたMGS4をやってる(笑)

やっぱ凄いな、もうあの草とかどうなってるのかグリグリ眺めても
よくわかんないんだよね。
大抵見ればどういう仕組みで作られてるかって想像は出来るんだけど…
MGS4の草はどういう仕組みなのかよくわかんない。
3もそうだったけど…こうかな?って予想はしてるが見れば見るほど本当?と思う
もしかして草全部作ってる??
いやいやあんなに大量の草を完全に作ったらかなり無理出そうだし…
3はPS2だしな。


え?MGS4やって草に注目してんのかよって?(笑
いや、他も見たり単純に楽しんだりしてるけどね。
って言うかちょっと遊んだらクリアセーブデータを間違って消してしまって…
ノーキルノーアラートでやり直してる。

ま、ま、それはともかく前回の絵の仕上げが終った。
完成品はこんなだ!

≫ 記事の続きを読む

スポンサーサイト

| 同人の事 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同人の絵

SHADEも弄ってないし、書く事ないんで今やってる同人の絵の
製作工程を載せてみる。
制作工程っていってもたいしたもんじゃなく
ラフ、ペン入れ、仕上げ(完成)ぐらいな感じで。

今日はラフとペン入れ

≫ 記事の続きを読む

| 同人の事 | 12:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジンギスカン

ん~、SHADE弄ってない。弄る時間がない。

そこで今日はニコニコ動画で見つけた動画を張ってみる。

≫ 記事の続きを読む

| ノンジャンル | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉お掃除03

レンダリングしたよ。

出来たのがこちら!
73aa001.jpg
よくわからないけどキングペンギンは目を瞑ってます。

ん~、今日はこんだけ。
今後別の角度からレンダする。

| 3DCG | 20:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉お掃除02

あかん、ポーズが難しい。
ん~、何だろう…一応考えられる人間の関節の稼動は出来るんだけど…
(破状するしないは別としてね)
何か上手くいかない。
根本的に体の傾きやひねりが間違っているのか?
両手でブラシを持つ事が出来ない。

しょうがないので自分で掃除用のモップを持ちデジカメで撮影。
体がどう傾きひねり、腕がどう動くのが自然なのかを見た。
で、多少マシになった。

≫ 記事の続きを読む

| 3DCG | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉お掃除01

さてさて、温泉をお掃除させるよ。

以前使った温泉+人物のデータにバケツ及びデッキブラシ、ペンギンをインポートして
まずは人物のポーズを考える。

≫ 記事の続きを読む

| 3DCG | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デッキブラシを作る

温泉の舞台で実琴に掃除をさせようと思い、デッキブラシを作る事にした。
ブラシの毛の部分をどうするかちょっと想像してみると…

四角い箱を作り、ブラシの毛のテクスチャーを張る…いくら何でも単純過ぎるな。

縦3列、横5~6列ぐらいの板を張り、毛を透明度で作ってみる。
要するに髪の毛と似たような感じで縦横に板を並べ表現する。
………無難っぽいけど…少しアップになるとしんどそうだな。

毛の一房事に円柱状に透明度で作る毛を並べる。
やり方は2と同じだが、一房事に作る分、多少アップになっても大丈夫かも。

で、3番で行く事にした。
だが、ちょっと待てよ、と。
透明度を使うと激しく重くなる。髪の毛とかレンダするの時間かかるしね。
しかもいっぱい重なるから角度によっては視線追跡レベル上げないとレンダできないかも。
上げるとレンダ時間余計かかるの。
って事で毛は透明度で再現するのではなくトリムだ!トリムは軽いし。
透明度?トリム?って人はこちらの用語説明を参照してちょ!

≫ 記事の続きを読む

| 3DCG | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去のページ