とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実琴の部屋改造05

壁に設置するハンガー掛けを作った。
232aa001.jpg

で、ここにハンガーをかけようと思うのですが…

ハンガーの別の色を作りつつ、
タオルをかけた。服とか掛けるとなると超~~~難しいいと思うのでタオルにした
232aa002.jpg
いやいや…タオル…どうしようか悩んだね~~~、すっごい悩んだよ。

タオルの微妙なクタクタ感を出す為に実際にハンガーにタオルをかけて観察した。

元々長方形な物、とは言え実際にきっちり長方形の形状にするとあからさまに無機質で
嘘っぽくなるので
歪みやしわを作り、こうなった。

シワは形状で作りつつ、細かいシワはノーマルマップで付けた。
生地の目はバンプ。

思いの他めんどくさく、時間がかかったので部屋に設置するのは明日以降にする。


スポンサーサイト

| 3DCG | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実琴の部屋改造04

SHADEの知識が今より乏しい昔作った部屋の改造を進める。

231aa002.jpg
このアザラ…ペンギンのぬいぐるみ、テクスチャーが上手く貼れなくて強引に貼ってる。
横方向から見ると辛いね。
今だってこんな変な形の物に綺麗にテクスチャー貼るの難しいのに
当時の私が上手く貼れるわけがないんだよね

ポリゴンに変換して新しく作ったテクスチャーを張った。
↑あの黒い布地はSHADEのプリセットの素材でした。
だが、私は基本プリセットは使わない主義だ。
人が作った物を使わせてもらうのは嫌な人なので新しくテクスチャーを作った

で、ついでに王冠も作ってこうなった…
231aa001.jpg
色が…余計ペンギンから遠ざかった
ま、わざとなんだけどね。そもそも哺乳類っぽい鼻とかあるし
何故王冠かって?ケープペンギンに王冠かぶせて
キングペンギンだ!
231aa006.jpg
ってネタをやってたので、このぬいぐるみのモデルはそいつって感じにした。

で、
以前作ったランチョンマットのテクスチャーを変え、置き
マグカップもこんな風にしてみた。
231aa003.jpg

で、部屋の反対側(廊下側)の壁及びドアを作った。
231aa004.jpg

で、さらにハンガーを作った。
231aa005.jpg
微妙に汚しとか入れてる。テクスチャーで乗算っぽくね。バンプも。
まっさらなツルツルテカテカは生活感がないからね。
なるべく手を入れる。

| 3DCG | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実琴の部屋改造03

ん~、何か…思いの他めんどうで嫌になってきたな~

なるべく簡単に済まそう。そしてちょっと物増やす感じにしよう。

ちょっと比較
ライティングとかメチャクチャなのであれですが…。
昔の奴
230aa005.jpg
直した奴
230aa006.jpg

●ドアに木目を付け質感も変えた。
●ドアノブや押入れの取っ手がドギツイ色だったので直した。
更にバンプでサビっぽいオウトツとうっすら乗算で汚しのテクスチャーを乗せた。

●ぬいぐるみの大きさの見直し。

●壁紙のテクスチャーの作り直し。(素材は一緒だが昔のはシームレス画像の質が悪い)

●タンスのテクスチャーもシームレスの質が悪いので似た感じの木目で新しく作った。

●ぬいぐるみ横の木箱?(水彩画材セット)の木目もテクスチャーがダメで直した。

とりあえずこんな感じだ。
昔のテクスチャーはシームレスな奴は全て↓下の記事のようにダメダメシームレス画像なので
これも、それもか…あれも??みたいに思いの他大変で……

| 3DCG | 05:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実琴の部屋改造02

え~っと……色々細かく見てみると……やっぱ辛いな~っと…。
本当にまだまだ全然SHADEの使い方知らない当時の私が作った物なので…



まずは部屋の仕組みを整える。
各パーツを分類して整理する。
整理して何をするのかと言うと…撮影時にそれぞれの壁の面をスイッチ一個で非表示にできるようにする。
背景はもうずっとこういう作り方をしている。撮影する時便利なんだよ。
カメラの邪魔にならなくなるから。

230aa001.jpg
これは左の壁を非表示にしてる。
右のブラウザで見ると選択状態になってる「クーラー側」が(なし)になってるね。

230aa002.jpg
これは奥の窓も非表示にしてみた所。

で、そういうのはもうOKで、
次はテクスチャー。
チェックしてて自由曲面でテクスチャーを貼る厄介さを思い出したよ。
見た感じそれなりに綺麗に貼ってるんだけど…実は融通のきかない貼り方で…
しかも昔の私はシームレス画像の作り方を知らないんだよ。
シームレス画像ってタイルのようにつなげてもつなぎ目がない画像ね。

では当時の私はどうしてたか…
例えばわかりやすいこんな画像があったとする。
230aa003.jpg
それをまず、上下に反転して元の画像と繋げる。
そしてそれを左右に反転した画像と繋げる、こんな事をやってた。
するとこうなる。
230aa004.jpg
こうすれば当然シームレスになるんだけど…もう花の柄とかわかんないよね。
模様みたくなっちゃって。
これは悲しすぎる…見栄えも悪いし
これは完全にNGだよね。
すっげ~~~素人っぽいよ。
これ見ただけで素人ってバレちゃう。

そういうのを直してる。
しんどいな~、もっと簡単に済むと思ってたけど…ちょいちょいめんどいな

| 3DCG | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実琴の部屋改造

実琴の部屋を舞台にしてグラビアを作ろうとした。

で…実琴の部屋を見てみたのだが……う~ん、まぁ、ちゃんと測ってそれぞれの物を
作ってあるし、テクスチャーも当時は知識と経験がなく、PCの限界とか考えずに無駄に
大きかったりするのでだいたいOKな感じだ。

だが、これは人物作る前に作った物で、超知識ない私が作った物だ。
今見るとちょいちょい疑問も感じるし、今ならこうする、ってのは思う。

ちょっと見てみよう。
229aa001.jpg
懐かしいなぁ……知識ないくせにかなり丁寧に作ってある。
これは多分 my Shade2 と言う10年以上前の安いSHADEで作ってるんだよな。
新しくSHADE9買ったのは実琴を作る時に買ったと記憶してる。

229aa004.jpg
犬の置物は初めてポリゴンで作った物。写真立てのテクスチャーが甘いな。
ってか犬の置物以外オール自由曲面なのでテクスチャー貼るの難しいんだよね。
そこらへんはポリゴンに変換したりして直そう。

229aa002.jpg
テ、テレビが……ブラウン管だよ…実琴の部屋の絵を初めて描いたのは10年近く前だからな…
(この3DCGを作ったのは2008年ぐらいね)
まだブラウン管TVでも全然不自然じゃなかった…どうしよっかなぁ…
テレビは作り直そうかなぁ…今風に…。

229aa003.jpg
200TB(笑)のHDDレコーダーも当時の私にしてはいい出来だと思う。
微妙に横に筋をバンプで入れてそれっぽい質感にしてる。
シールのテクスチャーが無駄にデカイんだよな。この舞台はテクスチャーがどれも大きくて
結構メモリ食って扱いが大変だったんだよ。
昔の私、無知だから分かってなかった。

DVDのパッケージもプラのケースの上にラベルの紙貼って、その上に透明のビニールをちゃんと貼ってる。
光があたるとビニールの微妙なオウトツが判別出来るようにバンプしてたし。
今だったらもっと効率を考えてやるのにな。馬鹿正直に重くなる事やってるんだよね。

229aa005.jpg
カーペットに物を引きずったような跡をバンプで付けてる。
指でス~って撫でると指の筋が跡になる毛並みのカーペットってあるよね。
あんな感じになるようにしてたんだよ。
ん…………何か……一個一個の物の作り込みが今より丁寧な気がする

229aa006.jpg
本の作りも丁寧だね。
表紙とかも全部自作だし。

さて、どうなるかな。
あんま時間かけたくないから
テクスチャーや質感の調整をメインに改造する。

窓から見える木も大昔の木VER1で嫌だし。
今はVER2がある。VER2も気に入らなくてそのうちVER3を作ろうと思っているが…まぁとりあえず
VER2に取り替えるだけでよしとしよう。

あ、部屋の手前側は作ってないんだよな。廊下に通じるドアがある面ね。
ここは作ろう。ドアとか…スイッチとか…。
360度見回せるように。

| 3DCG | 06:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラビア制作003

下でやった9時間かかった奴はボツになった。
重大な設定ミスが見つかったので

で、設定を変えて、同じような結果になるように調整を繰り返し
レンダリングしたら…14分で終わった………あの九時間って………


それがこちら
227aa004.jpg

でもこれは差分だ。
メインの奴はちょっと違うアングルにした。

| 3DCG | 00:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラビア制作002

え~~、↓下でやってたのは調整してレンダしたのだけど…どうなんだろうなぁ…と。
そんな感じになったので、一時保留。
その時のポーズを改造して別のシーンを作り出した。

ポーズを決め、アングルを決め、場所を決め、
テストレンダをして調整を繰り返し、

ライティング。
延々やってました。もう本当に何十回テストレンダした事か…
その時のテストレンダを縮小して一部紹介。
227aa003.jpg
テストレンダは早くレンダする為に画質を下げてるので影にノイズが出てるがそれは気にするな。
ここらへんはもうかなり決定に近づいた頃の物。
何十回もテストを繰り返してて、全部は保存してないので
4枚だけね。

で、これでいいかなってなった奴を1680×1050のサイズにして画質を上げレンダ開始!!
すると……延々終わらない…………何とレンダリングに9時間14分かかった
このPCで9時間かかるって……そうとうやばい事をやってしまったようだ。

やばい要素をあげてみよう。

●超重い人物二人(水中に山田さんが潜ってる)
●広大な背景
●画質を100に設定
●大域照明使用
●ボリュームライト使用(ボリュームライトをメイン光源にしてる)
●水の範囲がでかい(水は透明度、屈折、反射、オウトツと言う要素があるので時間かかる)
●人物はアップなので髪の毛の範囲が多い
(髪の毛は時間のかかる透明度を使用して、それが何枚も重なり合ってるので時間かかる)
◎普通にやってそれぞれ重い大域照明、ボリュームライトで
重い水や髪の毛の面積がデカいので洒落にならない感じにレンダ時間倍増!

こんな感じでしょうか。
大域照明はなしでよかったなぁと後悔してる。大域照明ないだけで多分三分の二か
三分の一近いレンダ時間になったと思う。
大域照明もボリュームライトもなければ重いと言っても水も髪もそんな時間はかからないと思う。
多分一時間か、長くても二時間かからず終わったんじゃないかと思う。

時間のかかる要素がドカンとあるのに時間のかかる設定を使用したのでやばい事になった。

はぁ~~~、もう……
完成品は近いうちにサイトにUPする。

| 3DCG | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去のページ