とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実琴VER5制作022

髪の種類を三種作った。

髪の量が多いのと、
356a006.jpg

多少隙間があるのと 
356a005.jpg

細かい毛を作るスカスカの奴。
356a004.jpg
実際はトリムなのでモノクロ2階調故のガタガタを避ける為にかなりデカイんだけどね。
ブログで紹介用に超縮小した。

質感は色々実験したが…う~ん、ちょっと保留。
色々悩みが出てきたので
作りながらテストレンダを繰り返し調整していく。



で、髪の毛の形状がね、私はすっごい苦手なんだよね。
作る度にすっごい時間かかるし「やっぱ髪は難しいなぁ~」と思い知らされてる。
なのでしばらくは髪の毛弄ってる事になると思う

作りはじめ。
356a001.jpg
顔も決定じゃないんだよね。ハゲだと見た目が判別しにくいから髪作りつつとか、作った後で
詰めようと思ってる。………後でってばっかりだね。
でも少しづつ色々詰めて行ってより具体的に完成像が見えて来た時にじゃないと
色々判別できない事もあるよね

356a002.jpg
こんな風に板ポリを配置していくわけだけど…ちょっとここら辺のボリュームが気に入らんって
弄るとその周辺の板ポリ全部を一個一個調整してバランスを見て…あかん、やりすぎたって
またその周辺を…と
結構手間かかってさ、時間かかるんだよ。

どうせすぐにはできないんだ、覚悟してじっくりやろう……

髪型はちょっと変えたいね。もう昔の奴飽きたしね。
印象を変えすぎず、でも新鮮にしたいね。

| 3DCG | 00:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナスネさんが家に来た。

昨日ナスネさんが家に来ました。

ナスネさんとは…こちら。
355a001.jpg
500GBのハードディスク内蔵のネットワークレコーダ&メディアストレージ、と言う物らしい。

何故買ったのかと言うとこれがあればPS VITAでテレビが見られるから。
高くついたけどね…
こんな感じだ。
355a002.jpg
家のPSPは初期型でワンセグ見れない奴なのでVITAで見たかった。
しかもワンセグじゃないので超綺麗です。

で、ナスネでどんな事をしてるのかと言うと、
テレビのアンテナをナスネさんに繋ぎ、そこから普段のテレビ等にアンテナをつなぐ。
で、もう一つナスネと無線LANルーターを線で繋ぐ。
こんな感じで接続OK!

私はこういう事が出来るんだってのは買ってから知ったんだけど
要するにテレビのアンテナからナスネに情報を送り、それを無線LANで飛ばし、VITAで見るって感じ。
…で合ってるよね?
VITAは何もコードつけなくても別の部屋でもトイレでもテレビが見れる。
もちろん録画も出来て、録画データはナスネに入れる。それをやはり無線で飛ばしVITAで見れる。
スマフォやPC、PS3でもOKみたい。
PS3は…専用のアプリ入れて(トルネ(ナスネに付属))やはりTV視聴、録画や再生が出来る。
でもPS3を写してるモニターはTVなのでありがたみは録画機能しかない。
ってかいちいちTV見るのにPS3なんて付けてられないよね。

ただナスネはハードディスクなのでPCから動画やMP3や画像を入れて保存する事が出来る。
ネットワークが繋がってればUSBとかで繋ぐ必要はない。ってか繋げないっぽい。
それをPS3で見ることも出来る(スマフォやノートPCでもOK)←基本ソニー製品が対称?

ただ……不満なのは録画した物以外の動画やMP3や画像をVITAで再生する事が今の所できない。
TV録画した物は普通に見れるけど自分で用意した動画等をナスネに入れてVITAで見れないって…
残念すぎるよね。いつかシステムアップデートで対応するんじゃないかと思うんだけど…
ってかスマフォとかではOKでナスネ&VITAコンビは無理って残念すぎるよね?

何故残念なのか、
PSPのメモリースティックは現在最大の物が32GB規格上の限界。
そして次世代機であるVITAは専用メモリーカードを採用し、最大が…やはり32GBで規格上限界………
もうね…はぁ???って感じなんだよ。
何の為にメモステユーザーバッサリ切り捨てて新しい専用の作ったんだよ。
動画の大容量化やゲームのDL販売による大きいデータがPSP以上に必要になるであろう事は
猿だって想像できない? しかも差し替えには一旦電源切らないといけないとか…
めんどくさい仕様でPSPより使い勝手が悪い。
PSPの様に使用状況によってメモステ差し替えるってスタンスではなく
VITAはメモカ入れたら基本入れっぱなしで使え的なスタンスになってる感じだよね?

たりね~~~よ!!たった32GBって!!10年前ならまだしも
規格上の限界って発展する余地もね~のかよ!って感じだ。
本当何で専用のクソメモカ作ったの?意味わかんね~し。
TV録画したのをVITAに写すとかも出来るんだけど…たった32Gしかないから
VITAに入れる気おきないし、役にたたない技術だよね?猿なの?アホなの?

だがしかし、そこにもしナスネで動画やMP3をネットワークで飛ばして見れれば…
たった32GBしかないメモカでもOK!ナスネがメモカの変わりになって色々解決!500GBだしHDD増設も可能。
さすが次世代の携帯ゲーム機!こりゃすげぇぜ!!って感じになるんだよね。(無線が届く家の中限定の話だけどね)
出来れば……の話だけどね
今は出来ないみたいなので…………そりゃもうがっかりだよ。スマフォでもPS3でもPCでも出来て
VITAだけ出来ない。近い内アップデートで出来るようになると思うけどね。
するつもりがないんだったらソニーはアホの子決定になっちゃうし。

ま、ま、とりあえずテレビが見れる様になって嬉しいです。録画もできるし。
最近テレビほとんど見てなくて…テレビをPCモニターに使ってるのもあって
ニュースすら見なくなってて…mixiのニュースでちょろっとニュース見てる感じだったんだよね。
これで気軽にテレビを見られる。

さて、言っておくが最近噂のステマではないよ
1円も貰ってないし。ってか宣伝してあげたから金くれソニー!
…猿とかアホとか書いてるから無理か。
しかも私が何ほざいた所で影響力無いしな

| ノンジャンル | 01:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実琴VER5制作021

髪の毛の実験。

頭部の形とかいろいろ変わったのでぴったり合うように、もっと良くなるように
形状も作り直したいのだが、 質感やテクスチャーも変えようと思った。

髪の毛は今まで透明度で抜いてました。
詳しくはこちらの記事の下の方。

私はデプスプラスと言う被写界震度な処理をよく多様してて、
透明度とは相性がよくないんです、こんな感じになる。
354a001.jpg
矢印の所ら辺、透明度の透けてる所に被写界震度が適応されずこの有様になる。
これを普段レタッチで直してたんですね。
なんか・・・嫌なんだよね、これが。

そこで髪の毛ってトリムのみでやっちゃ駄目なんだろうか?と思った。
トリムは白黒二諧調になるのでガタガタになる。
そこで、解像度上げよう、と思いっきりでかく作った。

でとりあえずテストで適応してみたのがこちら。
354a002.jpg
トリムっぽいガタガタは確認できない。うん。
ただ透明度で作った髪のように柔らかさがないんだよね。
一切透けないからね。

そこで透明度画像を別に作った。毛先と付け根にグラデで透明度を作る。
こんな。
354a006.jpg

で、これを足す前と足したのとを比較
354a003.jpg
毛先が柔らかくなってるのがわかるかな?前髪や頬の辺り見るとわかりやすい。

アップでみると
354a004.jpg
うん、どうなんだろうなぁ。

まだ、三種ある髪のパターンの内の1種しかやってないので
他のも作ってこのまま進めてみようかな。
で、後でこれでいいのか考えよう。

ちなみに髪の毛のテクスチャーも新調してる。

はぁ…今日は実験だけで終わったなぁ・・・・・・時間かかるなぁ。

| 3DCG | 02:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バナナ02

と、言う事でバナナの木が完成した。

う~ん、色々悩んだが…こんなもんでいいかな、と。
バナナの木と言う作品を作った!!!
って言うより…背景舞台の一オブジェクトを作った…
と言う事で………てへ、笑ってごまかそう。

で完成記念レンダ。大きさの比較に実琴等身大看板も入れといた。
353a005.jpg
大中小と三種作った。
葉っぱは単に大きさが違うだけだが、木の部分はテクスチャーの貼り方かえてる。

ちょいアップ。
353a006.jpg
ま、……いっか。いいよね。
これで一つの作品ってわけじゃなく作品の中の一パーツですから………くどい

って事で終わる

| 3DCG | 03:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バナナ01

ちょっと人物は置いといて2~3日でバナナの木を作ろうと思う。
厳密には木じゃなくて草なんだけどね。
実は作らない。めんどくさいので木だけでいい。
知らない人はパッと見、実もないしこれがバナナだとわからない感じで良いと思ってね。
いつか南国風ジャングル作った時用にね。

まずはザッとテクスチャー類の製作。
葉っぱをくり抜きテクスチャーとノーマルマップとトリムと透明度&バックライト画像をフォトショで作る。
353a001.jpg
上からテクスチャ、ノーマルマップ(オウトツを作る物)、右下のは透明度&バックライト用画像。

でまずは大きさを調べ、木の部分をちゃらっとね。
人物は等身大看板ね。
353a002.jpg
こんな棒から始まる。
形を整えつつテクスチャー等をはってみる。
353a003.jpg
細さや歪み等もやってる。全体像の画像用意してないからわかりにくいけど。

で、葉っぱ製作。
353a004.jpg
まだただの板ですがバックライトを設定。
バックライトとは光が当たるとその光がすけたように反対側へも
影響する感じの物。
葉っぱと人物看板の間にテストで点光源をしこんだ。人物が白飛びしてるでしょ?
で、葉っぱのライトの辺りが白くなってるね。
でも葉っぱの端に影響して茎の方にはほぼ影響ない感じにした。

同じように葉っぱの端の方を0.02透明にしてみた。
人物の腰のラインが少し判別できるよね。透明度はほぼ判別出来ない感じでOK。

さて、どうなる今後。

| 3DCG | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実琴VER5制作020

足首から下のスキン設定(動かす設定)をした。

デフォルトはこんな。
352a001.jpg

伸ばすように動かした所。
352a002.jpg

ひねったり、横に曲げたり縦に曲げたりつま先曲げたりしてみた。
352a003.jpg


モモの可動からのポーズ付けで内股っぽく動かしてみた。
352a004.jpg

うん、足首はVER4より微妙に丁寧になったかな。

これでスキン設定は一通り上から下まで終わった。今後時間を開けて微調整とかするかと思うけど。

……う~ん、やる事多いな…髪の毛の質感と言うかも実験を兼ねた作り直しをしてみたいし…
髪の形状は頭部の形を散々弄ったので作り直すぐらいの勢いでやらないといけないと思うし。

顔の形状も良くわからなくなって放置してるので髪の毛を作りつつ、より具体的なイメージを固めつつの
調整をしなくちゃいけないし…

散々体の形状いじったからUV展開を綺麗にしないといけないし、テクスチャーも改良したい。
……………………遠いな……
コツコツがんばろう……

| 3DCG | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実琴VER5制作019

膝のスキン設定(動かす設定)をした。

今回膝の関節を2個にした。
え?何で?って?
膝の関節は…膝の関節も凄く複雑でね。
機械的に一点を中心に回転するだけではどうやっても再現できない。
最初にVER1作った時から悩みの種で。
どうやっても満足行く物にはならなかった。って言うか、普通に考えて無理なんだもん。

何が気に入らなかったのかちょっと見てみましょう。
351a007.jpg
はい、関節を曲げると足がニュンと伸びるんです。左足がちょっと長いでしょ?
これが嫌で嫌で座るポーズとかほとんどさせた事がないんだよね。

何故伸びるのか?3DCGやった事ない人は意味わからないかもしれないが、
伸びないようにも出来る。けどそれでも別の所にしわ寄せが行くんです。
●関節の位置を皿寄りにすると良い感じになる、が正座すると膝から上と下のパーツがぴったり重なってしまう。
●関節を膝の裏寄りにすると正座は綺麗に出来る、が皿側の形状が大回りをして曲がり足が伸びるように見える

こんな感じで…実際の人間の膝の構造とはそもそも違うので無理があるんですね。
そこで今回膝の関節を2段階にした。

351a001.jpg
一段階目の関節はここまでしか曲がらない。

ここから先は二段階目を動かすと…こうなる。
351a002.jpg


じゃあこれが今までのとどれ程違うのか比較してみましょう。
351a003.jpg
パッと見似てるが長さが違う。

図面で見ると…デフォルトではVER5は微妙に足長くしたが、まぁほとんど一緒。
351a005b.jpg

正座をさせてみると…
351a004.jpg
青いのが新しいVER5ね。こんなに長さが違うんです。

VER4はこれだけ伸びる。
正座が出来る代わりに膝から上も長くなったように見え、膝から下も長くなったように見える。
足の裏の位置も違うでしょ?

関節が二段階になるのは不本意だが、そもそも構造的に一個のジョイントでは不可能なので
仕方ない。
足が伸びて嫌だから座った画像作れないってのよりはマシでしょう。
これを連動させて一個のジョイントだけで動かせたらいいのにね。

と、言う事で膝はこれで終了する。

| 3DCG | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ