とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グラビア完成

と、いう事で完成し、サイトにアップしました。

ではブログでは被写界震度なしの物をUPしてみる。
※1920×1080です。
612a006.jpg
ズボンがねぇ…ちょいローライズ気味に作ってあったので
水着と相性がイマイチなんだよね。
なんか胴が長く見えちゃう。

もう一個
※1920×1080です。
613a001.jpg
煙はパーティクルです。

今回のはレタッチ遊びもしてて、珍しく気に入ってるのでそちらも見てみてね。

あ~~疲れた。
スポンサーサイト

| 3DCG | 05:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AKIBA'S TRIP2

PS PULSでVITA版のAKIBA'S TRIP2がフリーゲームになってたのでずっとやってた。
トイレタイムやレンダ待ち時間とかね

魔骸者(まがいもの)と言う吸血鬼が秋葉原の町に紛れ込んでるので
退治しながらその謎をを求め秋葉原を平和にする感じのゲーム。

敵は吸血鬼なので日光に弱い、でも服着てれば大丈夫なので脱がして消滅させる…って感じの物です。

「げんしけん」とか好きなら結構いけると思う。
私もこのノリは嫌いじゃない。

秋葉原に思い入れのある人は凄く楽しいんだろうなぁ~、
私はあぁ駅前って確かこんなんだったな…ぐらいの記憶しかないので街自体の面白みは
特に感じなかったが、実名な店とかいっぱいあってアキバ好きな人は楽しそう。

そんなわけでスクショ。
重要なネタバレはないが、プレイ予定の人は観覧注意

≫ 記事の続きを読む

| ゲーム | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

没グラビア

まだかかりそうなのでここで没画像をアップ(1920×1080)
612a005.jpg
何か面白みを感じなかったので没。
被写界震度もなく、差分も存在しない。
この一枚のレンダが終わって即没に決定した。

これの代わりのはもう少し見栄えがよくなってる筈です。(終わってる)

で、今はちょっとポーズを変えて違う雰囲気のを模索中。

| 3DCG | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラビア製作

う~ん、手こずってます。

あれね、横浜ストリートは重いので…いや、重すぎるので
テストレンダもいちいち時間かかるし、本番は2~3時間ぐらいはかかるし
何かもう大変です。

そして周りに建物がいっぱいあるとカメラ制限がいっぱいできてしまって
良いアングルを模索するのが凄くしんどいし、上手くいかない。
するとテストレンダの回数が増え、時間がかかり中々進まない。

更に建物で囲まれてるのでライティングも難しい。
ビルの陰が発生するのでね。
何か特別な演出がない限りは人物を影の中に入れるのは変だと思うし
光源設定に制限が多くなる。
すると人物に良い感じに照らすのが難しくなる。
カメラ制限、光源の位置制限の中でいいアングルとライティングを模索し
延々テストレンダ…う~んこりゃ疲れますわ

とりあえず一枚こんな感じでどうかなって奴のプレビューをUP
612a004.jpg

さて、どうなるかな~。
まだ一枚目なので完成までは時間かかりそう。

| 3DCG | 05:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水着の柄

新しい水着の柄を作った。
612a003.jpg
ちょっとバスケのユニフォーム風な感じ。

番号の3510は実琴と書いてあるwww

| 3DCG | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バスケットボール

バスケットゴールの前でボールを持たせようかな、と思って
バスケットボールを見たら、物凄い昔に作った物なので、しょぼかった。
そこで作り直した。
ゴールネットもちょっとだけよくなるように直した。
612a001.jpg
うん、難しいねぇ…
ボールの柄って言うか粒々をどうするかでまず悩んだ。
そしてそれを球体と言う非常にテクスチャーを綺麗に張りにくい物にどう張るかで悩んだ。
そして質感で延々悩んでた。

物によるのかもしれないが参考にした物は粒には光沢がつき難く、粒の下部分に光沢が付いてたりする。
そこでそんな処理をしてみたりした。
光沢1だけそんな。
光沢2でやや黄色い光沢をジンワリ付ける感じ。
汚しも入れてこんな感じでどうだろうか?って感じ。

ま、こんなにアップで写る事はないと思うけど…問題は光沢具合が実際の舞台で
どうなるか…難しいなぁ。

引くとこんな。
612a002.jpg
ふむ、何気に粒に光沢付けなくした処理が独特の光沢を生み出してるか?

うむ、これで行ってみよう。

| 3DCG | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミス修正

う~ん、思いの他手こずったなぁ

611a005.jpg 611a006.jpg
穴はなくなり、動かしても問題ない…というチェックのテストレンダ画像。

611a007.jpg 611a008.jpg
右の犬っ娘水着が…布+毛1+毛2+細かい毛と再構築する部分がいっぱいあって
しんどかった

611a011.jpg
柄のないのも。
……あかん、ライティングの具合で随分目立ってるな…


611a009.jpg 611a010.jpg
そしてIバックが思いのほか削除された範囲が大きくて、形状の再構築に手間かかった。
失った部分が大きいのでUV展開も0からやり直した。
どうせ手間かかったのなら…とテクスチャー等を変えてみた。
以前は赤い布地っぽい感じだったが、皮にしてみた。
ちなみにこれは股間にカパってはめる感じに装着するっぽい。
内側に反っててその反りの力で体を挟んでるってイメージでしょうかね。

色味的に引くと肌と同化して分かりにくいかなぁ…まぁ…いっか。その時は色を濃くしよう。
滅多に使わないし。
しかし…本当ギリギリだなぁ…特に後ろが線一本だしなぁ

いやぁ、めんどくさかった~。
もう…こういうミスの修正は本当しんどくて気が重くて辛いね

| 3DCG | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去のページ