FC2ブログ

とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

久々にグラビア製作003

つづき、
床の質感の調整をした。
677a001.jpg
新たに反射マップを作った。
左の白黒画像がそれ、右がレンダ結果。(光沢用の画像は別に作ってある)
お湯から遠くに行くにつれ、水がなくなり乾いてる部分があり、
溝には水が流れてるって感じにした。めんどくさかった~

677a002.jpg 677a003.jpg
竹の壁にも汚しを少し入れたり、右画像の建物にも部分汚しを入れ
室外機と排気口?を設置した。

677a004.jpg 677a005.jpg
奥の建物に横浜ストリートで作った配電盤を設置。
右は謎のパイプを設置

677a006.jpg 677a008.jpg

左のは単なるテストレンダ。
右は木製バケツを追加した。

横浜ストリートでは大量のオブジェクトを作ったから色々役に立つね
今回追加したオブジェクトは全て横浜ストリートで作った物だ。

とりあえず、舞台調整はこのぐらいにして、明日からはグラビア製作に入ろうかな。

| 3DCG | 06:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々にグラビア製作002

と、いう事で、ゴミと葉っぱを配置し、植物を追加で植えた。

あんまり目立たないけど結構数あるので時間かかったな~。
676a001.jpg 676a002.jpg

明日は汚しを少し入れよう

| 3DCG | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々にグラビア製作001

さて、ずっとゲームやっててここ一ヶ月程まともに3DCGを弄ってなかったし
その間にSHADE13から15にバージョンアップしたけど全然触ってなかったので
グラビアを作る。

で、温泉の舞台を使おうと思って見たら…ちょっと床が寂しいな、と思いましたので
横浜ストリートの時作ったゴミと落ち葉を足そうと思った。
とりあえず今はこんな
675a001.jpg
う~ん、やっぱ四面図は扱いやすいな~とか思ったり
SHADE13から15にしたのでツールボックスにも知らないツールがあるね。
675a002.jpg
絵も選択の所がちょっと変更された? 追加された?
「稜線を残したまま面を削除」だって。
なるほど、今まで地味にめんどうに感じてたけどこういう機能も付いたんだね。
「厚み」選択した面に厚みをつける、だって。
なるほど、まだ触ってないけどいいね。
お?サブデビがこんな所にある。オープンサブデビが追加された関係かな?

うん、地味に扱いやすくなってそうだね。

で、とりあえずテストレンダ。
675a003.jpg
うむ、何故今まで落ち葉を配置しようと思わなかったのか、過去の自分に問いたいね
花壇の植物も種類が少ないからやや面白みに欠ける。
植物も横浜ストリートでは結構新たに作ったので、ちょっと追加したりしようかな。
そうすると、横浜ストリートではバリバリやってた部分的な汚しとかもしたいな、とか思ってしまいます。
花壇の壁とか凄く面白みに欠けるしね。

と、いう事で少し舞台の調整をする。

| 3DCG | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS_03

と、いう事で閃乱カグラEVでポーズ、表情、場所、カメラアングル、衣装、エフェクト等自由に弄って
撮影できるのでやってみた。

一応元の作品のイメージを大きく損なわない方向でやってみました。

続きをクリックで。

≫ 記事の続きを読む

| ゲーム | 08:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS_02

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUSのスクショの続きです。
続きを読むクリックで

≫ 記事の続きを読む

| ゲーム | 03:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS_01

生きてますよ、私

ずっとゲームやってました。 とりあえず、一通りクリアはしたので少し落ち着いたかな。
まだやるけど。

今は「閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-」をやってました。
うむ、楽しませてもらいました。
ちょっとシナリオ周りは微妙でしたが、まぁ、ね
夏、海、祭り!と言う舞台でスタートしたのにほぼそれらは関係ない感じになってるのが何かなぁ、と思った。
もっとね、夏、海、祭りの一個でも抜けたらこの話は成立しないって組み立てをするべきなんじゃないかな~と、思う
それらの舞台じゃなきゃいけない意味が見つからない。
折角の美味しい舞台設定なのでただの雰囲気になってるのがもったいないな。

今回の特殊な設定上ほとんどのキャラでテーマが同じなので何度もキャラごとに同じテーマを見せられるのもだれる。
解決方と言うか、結論も常識的に考えて一個しかないので、キャラごとに何度も同じ結論を見せられるのも
ちょっとね。
キャラ設定は魅力があるのでもうちょっとそれらを生かした話にして欲しいかな。
でもキャラ25人もいるので平等に活躍させるのは無理であろう事も想像できる。

もし前作の「SHINOVI VERSUS」をやってなかったら、中々話的にはキツイな、と言う気がする。
前作は個々のエピソードをやりつつ、軸の設定で繋いでる組み立てなのでそれぞれのキャラを知れるのが良かった。
が、同時に、ひとつの話としては薄くなってしまう欠点もある。

うん、こんだけキャラクターがいると扱いは難しいですよね。
出番のないキャラを作る訳にもいかないし。

と、言う微妙な部分はあったが基本的には楽しかったです。
十分楽しませてもらいました、今後来るであろうDLCも楽しみです。
もし今後新作が作られるのなら、購入予定リストの結構上の方に入るかな

そんな閃乱カグラ ESTIVAL VERSUSのスクショです。
続きをクリックでどうぞ

≫ 記事の続きを読む

| ゲーム | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

新しいページ | PAGE-SELECT |