とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Shade3D ver.17発売

と言う事でShade3D ver.17の発売日が来て早速DLしてテスト。
17の追加機能は一切弄ってない。って言うか今後も弄る事はないだろう。
16で追加された機能をちょっと弄った。

早速物理アシスタントを実験。
公式で紹介してたようなのを簡単にテスト。
877a001.jpg
こんな風に一番下に動かない板を作り、真ん中に宙を浮く球、
そしてその上に分割数の多い布に見立てた板を設置。

877a002.jpg 877a003.jpg
で、時を進め球が板に落ち、一番上の布に見立てた物がかぶさる。
ちなみにサブデビをかけた。
ふむふむ、なるほど、ちょっと布が布を突き破ったりしてますが、こんな感じ。
設定を弄って試さないと難しいね。
そして、簡易と言うだけあって簡単な事しかできない。今の所使い方は限られる感じだ。


ワイヤフレーム表示方式のテスト。
877a004.jpg 877a005.jpg
左が従来の物。 右がサブデビに合わせた表示。

人物で見てみると
877a006.jpg 877a007.jpg
左が従来の物。 右が新しい表示方法。
いいね、これは凄くいいね。弄りやすいし、選択しやすい。

で、図面の表示を見てみる。
877a008.jpg 877a009.jpg 877a010.jpg
左が通常の表示。 真ん中が従来の表示で陰線消去。  右が新しい表示方法で陰線消去。
今までサブデビかけた物を陰線消去表示すると線消えるしとても扱いにくく…って言うかわずらわしいだけなので
まったく使ってこなかったが、新しい表示方法なら綺麗に全部見えるのでこれなら使えそうだ。

もうね、何故今までこの表示方法がなかったのか!遅いわってぐらいいいね。

で、切断表示を使ってみた。
877a011.jpg
すきなように切断した表示ができる。
もう作業は終わっちゃったけど、唇の内側や鼻の穴の形整えてる時にこれがあれば
とても作業しやすかっただろうなと思う。
うん、いいね。

メジャーツール
877a012.jpg
うん、背景作る時に役に立つかも。

とりあえずこんな感じ。
でもこれ全部16の機能なんだよなぁ…17の新機能は私にとって1ミリも興味ない物なのが寂しい

追記
17インストールしたらこんな事になってた。
877a013.jpg
OpenGL版!? ハード的な知識とか全然ないし、よくわからないけど…
もしかして…これでQuadroの恩恵が少しは受けられるようになった?
今まで同じデータでも他のソフトはサクサクなのにSHADEだと何でこんな重いの?
高いスペックのPC買っても恩恵少なくない?みたいな感じだったけど…少しはましになったのかしら?
ちょっと人物のデータじゃよくわかんないけど…
凄い重かった横浜ビーチとかのデータなら軽さを感じられるのかしら?
ま、めんどくさいから当分試さないけどw 
横浜ビーチとか横浜ストリートは重すぎて中々立ち上げる気にならないって言うね…折角作ったのにw
今後背景はやりすぎない物を目指すよ

よし、これはもうOpenGL版での作業一択でしょう

…あってる? いや、ジャッキーそゆことじゃないよ?お前の知識根本的に間違ってるよ?って事だったら教えてw
スポンサーサイト

| 3DCG | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |