とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

Life Is Strange

Life Is Strangeというゲームが気になって予約購入していた。
DDONやっててずっと放置してたが、DDONの有料有効期間が切れたのでプレイした。
000_20160401175513464.jpg
タイトル画面はこんな感じ。
良く見ると木の葉っぱが単調だったり、奥の方の崖がのっぺりしてたり、
購入を検討してる時には少し不安だった。値段も4千円代と妙に安いし。

のちに分かるのだが、グラフィックはリアル路線ではなく、動くコンセプトアート、的な感じを目指したらしい。
実写的なリアルさとは違うが、間違いなくクオリティは高いです。オブジェクト数も多く
自然な街並や部屋などが美しいライティングで演出されて見とれます。

ゲームはヘビーレインやアンティルドーンのような話メインでちょっと操作する映画って感じだが
ヘビーレインやアンティルドーンよりはちょっと自由度が高いかな。

で、結論から言うと…凄い面白かった! 
雰囲気も凄い良かった。お話も飽きさせず、常にどうなるのか気になる感じだった。
適度な緊張感と、適度なまったり感を与えてくれてどちらもしっかり楽しめた。
演出もばっちりだった。
キャラ設定と言うか、人間関係やバックボーンもしっかり作りこまれてて深く入り込めた。
カメラワークとかもメチャメチャよかった。音楽もよかった。

久々にゲームプレイしながら、やべぇ、これ面白いなぁ~~と終始ニヤニヤしっぱなしだった。
これやばいわ、大好き!
私ゲームやって泣いたのMGS3と4しかなかったけど、これもちょっと涙出た。

概要はこんな感じ。


時間を巻き戻せるんです。
会話して相手の機嫌を損ねたら、巻き戻して別の事を言って気に入られるとかね。
友達にボールがぶつかった!じゃあ巻き戻してぶつかる前に警告する、とか
時に人の人生を大きく変えるような事も。

どちらも選びたくない、でもこうなった以上選ばざるをえないって言う究極の選択を迫られる事もある。
選択肢を選ぶのにこんなに考えさせられるゲームは珍しいと思う。
失敗しても巻き戻してやり直せばいい、普通のゲームで言うロードしてやり直す事が簡単に出来るゲーム
なのだが、それでも他のゲームではあまり感じられない程、選択肢で思い悩む事が多い。
そういうやり直しができるけども、そう簡単には決められない問いかけをしてくる手法とか状況を作り出すのも
凄く上手くできてると思う。

色々深くもあり、重くもあり、だけどセンスのよさで説教くさくはなく、単純にのめりこめる絶妙のバランス。
本当久々にガツンとやべぇ、これ面白い!!!これ大好き!!!!と思えた。

この手のゲームは二週目をやる時、ちょっとめんどくさいのかもって所だけが気がかり。今後二週目やるのでね。

ではそのLife Is Strangeのスクショを…ネタバレしないように重要なシーン等はさけます。


001_20160401234838de4.jpg002_201604012348412b4.jpg003_201604012348459de.jpg
始まるといきなり嵐の中で巨大な竜巻が街に向かってる
気付くと授業中。いい空気感だよね。日差しとそれによって出来る光沢とかがカメラ動くと綺麗なんです。
反応できるオブジェクトを見るとこんな感じで見たり、場合によってゲットしたり、人なら話せる。

主人公は写真の勉強をしてる。この学校に通うため五年ぶりにこの街に帰ってきた。
昔の親友との再開、学校に貼られてる行方不明者のポスター。いじめ、タイムリープ、などなどをキーワードに
展開していきます。

004_2016040123484507c.jpg005_20160401234844f10.jpg006_20160401235909266.jpg
雰囲気いいんですよ。ちょっとアメリカの学校って日本と違うな、と感じるが、洋画などでは大体同じイメージで
描かれてるのでこういう感じなのかな…ってのを操作して感じられます。
こう、リアルっぽさを感じつつも…
アップで見ると手書きテクスチャーなんです。
全部0から手書きなのかはわからないけどね。物によってはこれ写真を手書き風に加工したんじゃないの?
って感じるテクスチャーも多々ある。実際どうなのかは知らないけど。

007_20160401235912a8b.jpg008_201604012359130e8.jpg009_201604012359154ce.jpg
学校の敷地内、噴水に座ると素敵なカメラワークと音楽で演出し、主人公の思いを聞けたりする。

椅子やベッドなどでこういう演出があったりして、ほっこりさせつつも主人公の考えや状況の整理などしてくれて
とてもいい感じ。
スルーしてもいいのだが、色々考えを聞けるので決して無駄ではないし、むしろアンコールしたい感じになる。

010_20160401235916591.jpg011_2016040200323004a.jpg012_201604020032309c4.jpg
金持ちで意地悪なビクトリアw
女子寮!!いいね、寮生活してみたかったなぁ・・・毎日遠足みたいでいいよね。
 実際はいじめや人間関係とかめんどくさい事も多そうだけど。このゲームの中でも色々あります。
「ただいま私の小さなお城」………こんな風にアーティストならではの台詞が自然に入ってるんだよね。
 何か物を見た時に反応、感想がいちいちアーティスティックで、この主人公可愛いなぁ~って凄く思う。
 そういう感性をひけらかすのではなく、心の中でそっと思う奥ゆかしさが可愛い。

013_20160402003233a21.jpg014_201604020032351c5.jpg015_20160402003234011.jpg
ギターをひくと素敵なカメラワークで見せてくれます。
写真家の卵っぽくいっぱい写真がはってある。ゲーム中も撮影ポイント見つけたら撮ったりします。
室内の暗さと外の明るさと被写界震度が素敵だね。

016_2016040200562851e.jpg017_20160402005633eba.jpg018_20160402005634976.jpg
別の子の部屋、入れる部屋はいくつかあってどれも物が多く見てるのが面白い。
駐車場の方へ行くシーン。中々の作りこみと素敵カメラワーク。
同じく

019_2016040200563320f.jpg020_20160402005636012.jpg021_201604020117094cf.jpg
5年ぶりに親友のクロエと再会。5年のうちに髪は青くなりパンク系になっていた!!
雑然としてるけど生活感あって室内と窓の明かりがいい雰囲気。
最初は妙につんつんしてて、五年間連絡よこさなかった事を怒ってる感じだが、再会後行動を共にして復活していく友情。

022_2016040201171200a.jpg023_201604020117136ab.jpg024_20160402011713f14.jpg
学校のチラシの行方不明者は5年間連絡をとらなかったクロエの新たな親友だった。
最初は行方不明者がいるんだ、ふーん、ぐらいな感じだったがクロエとの再開で無視できない事案になる
クロエの母親が働いてる店。ちょっと映ったカットに家族写真が見える。
クロエの家庭の事情も複雑でクロエというキャラクターにもどんどん感情移入させていきます。

025_20160402011714326.jpg026_2016040201432490f.jpg027_201604020143270ae.jpg
おほ!シャワーシーンま、でもキャラはね………www
うん、良くも悪くもコンセプトアートの粋を出ていないって感じるんだよね~。
ま、プレイしてるとこれはこれでよしって思えるんですけどね。
虐められっ子のケイト。
どんどんやばい事になっていきます。

028_20160402014329d8a.jpg029_20160402014330154.jpg030_20160402014332698.jpg
朝のお出かけ、朝日によって出来る揺れる木の影等が美しいです。
学校、美しいね。
バスに乗ってるシーン。日常のシーンがカッコいいカメラワークや音楽で演出されてとても素敵なんです。

031_2016040202201900a.jpg032_20160402022023fcf.jpg 033_20160402022022184.jpg
親友のお母さんの働いてる店で親友と待ち合わせ。
親友のお母さんとも5年ぶりに会話。めちゃめちゃいい雰囲気でしょ?
朝日とブラインドが作る影等が見とれます。

034_201604020220240b0.jpg035_20160402022024f17.jpg036_2016040202252864a.jpg
親友と線路の上でまったり。行方不明の子の事を思う。こう見ると絵っぽいよね。
重要なシーン。静止画だと分からないが、雨や全体の色味など空気感がいい感じでした。
これもまさにコンセプトアートっぽいね。いい夕焼けです。

037_20160402022531436.jpg038_20160402022532fd3.jpg039_201604020225343e2.jpg
エピソード3の始まり。いちいち構図が素敵なんです。
夜の学校の室内プールに忍び込む主人公と親友のクロエ。体のフォルムが…正直微妙ですw肩の関節とかもねw
親友の家、いい感じです。塗りかけのペンキにも事情がある。

040_2016040202253474e.jpg041_2016040202353765c.jpg042_20160402023537ee0.jpg
親友の家に泊まった。若い頃を思い出しノスタルジックな気分にもなれる。
緊張とドキドキとまったりがいい感じに融合して話が展開するのがとてもいい。
ひたすら緊張の連続だと疲れちゃうし、まったりばかりだと中だるみしちゃうし、バランスがとてもいいんです。
親友のうちの庭でブランコに乗り親友の事を思う。構図がいいよね。
え~~、そうなの~って驚愕するシーン。本当に飽きさせず常にどうなるの?ってドキドキします。

043_20160402023541a58.jpg044_201604020235437a6.jpg045_20160402023542347.jpg
室内から窓の外を眺めるのが私は楽しい。美しい背景をグリグリ見回すのも楽しいんです。
若い頃の主人公(左)とパンク娘になる前の親友クロエ(右)
正直顔が…いや体もだけど…良くも悪くもコンセプトアートだなぁと…
パンク娘に変身後の親友の部屋。美しいねぇ~本当に見とれます。

046_20160402024418ed6.jpg
これ動いてるんですよ。迫力あります。
街を襲う竜巻、何度か夢のようにこのシーンを体感し、そこで新聞を見ると何日か後の日付。
この嵐は本当に来るのか!? って所も忘れちゃならない重要な所。

行方不明者と学校内のいじめ、この街で権力を持つ一家の息子の怪しさ、謎の異常気象、主人公のタイムリープ。
五年ぶりに再会した親友との友情。
お見事でした。

いやぁ…本当に面白かったです。
夢中でプレイしつつ、まったりシーンやエピソードの合間にこれ面白いなぁ~~~と何度思った事か。

元々学園が舞台なお話は好みだったりする私にはガツンと入り込めました。
ほら、学校って誰もが通う場所なので感情移入しやすいし、させやすいんだよね。日本とは大分違うけどね。
SFやファンタジーはそういう意味で私はちょっと苦手だったりするので、こういう舞台での面白い話は
とてもよかったです。

オタク文化が発達してない、洋ゲーのキャラセンスや、手書きテクスチャーによる独特な舞台、
これらが極端に苦手じゃなければお勧めです。
ここまでこのゲーム大好き!!って言える作品に久々に出会いました。

いやぁ…ゲームは凄い事になってるなぁ~ってまた思ったよ。
スポンサーサイト

| ゲーム | 20:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

中古がでましたら僕もやってみます♪ヽ(*´ヮ`)ノ <やっぱり。
って、今、動画を観てみたのですが、絵的にあまり魅力を感じなかったのですが、
ジャッキーさんは、なんでこのゲームが気になっていたのでしょうか!?
むむむ〜(? ?)

| にいおか | 2016/04/05 01:09 | URL | ≫ EDIT

>にいおかさん
気になったのは雰囲気です。
私も動画を見て、あれ?これは…怪しくもあるな、どうなんだろう???
と正直悩みました。

で、日本語版のプレイ動画を見たんです。
公式の動画です。最初からプレイして19分な感じです。
https://youtu.be/eCRvW6p5YfI
これを見て面白そうかも、と。
絵はまぁ、低価格だししょうがないよな…とか思ってぽちりました。

が、キャラは正直あれですが…やってると気にならなくなります。
と、言うよりやってると主人公の子が超可愛く見えます。
こんなモデルでも超可愛く見えちゃうぐらい、雰囲気、お話、キャラ設定、カメラワークが
補正してくれます。
今は、そこいらの見た目だけ取り繕ったキャラモデルよりこの子がアップになると
可愛い!とすら思えるwいや、マジでv-398
ジブリ映画のヒロインぐらい良い娘だからww

そして、最近のリアルな映像に慣れてこの程度の映像は…とか思ったら大間違い。
キャラモデリングは置いといてw間違いなくクオリティは高いです。
ラスアスを彷彿とさせるぐらい美しく作りこんでます。
テクスチャーは写真を加工して使うべき、手書きでテクスチャーを作るのは限界がある、
という私の考えを打ち砕いてくれました。
手書きでは限界がある、というのは私が未熟だからそんな考えにしかに至らないんだと。

ま、とは言え…にいおかさんは…どうかなぁ~~www
男気は…あまり感じない作品かなぁ…ww

青春、友情、学園、タイムリープ、事件
ここら辺の単語が当てはまる映画に嫌悪感がなければ多分良いと思える筈。
あまりこういうジャンルの映画は好みじゃないかも、と思ったら手を出さないのが
吉だと思いますww

| ジャッキー | 2016/04/05 07:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk13d.blog64.fc2.com/tb.php/1112-4fd755ab

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ