とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

建物製作039

756a002.jpg
これをSHADEでどう再現したのかの説明をします。

757a005.jpg
これが元の地形。
これを複製して2個用意する。

で、【岩だけの部分】と【砂+岩の端の部分】の形状にする。
【砂+岩の端の部分】とはこんな感じ
757a006.jpg
をブラウザのタブに開き、切り替えて見ると分かりやすい。
砂の方は岩を少し残して、いらない所を削除し、改めて全てを砂のテクスチャーにした。
で、は0.1ぐらい上に移動。
これで砂の方が上にあるので優先的に表示されるわけですね。

で、次にこういう画像を作る。
757a001.jpg
こんな感じの透過PNG。
ある程度アップになっても大丈夫な様に大きく作りました。これ↑はその50%ぐらいに表示した物ね。
ちなみに左右はシームレス処理をしててタイリングしても綺麗に繋がります。

で、砂の方は少し大きく作ってあって岩と重なる部分があるのでそこだけを新たなUV層を作りUV展開する。
757a004.jpg
画像の赤い四角で囲った所が大事。とりあえず10×10にタイリングした。
透過画像はプレビューやUV展開の画像に綺麗に表示できなくて黒と白になってるが問題ありません。
表面素材でアルファ透明にし、比較(明)にするとベースの砂のテクスチャーはそのまま表示されます。
そして透過の部分だけが消えてなくなります。
消えてなくなった所には0.1下に岩の形状があるので、まるで砂から岩へ綺麗にぼける感じになる、と言う事です。

二つの地形の形状で形状がダブってあるのは砂と岩の境目の赤い選択状態の所だけです。

こんな感じでした。

スポンサーサイト

| 3DCG | 00:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど!

大変分かりやすくできてますねv-410
これを使えば色んな場面で使えますね。波打ち際もできますね。

後はモデルの方で、オーバラップする部分に干渉が起きないようにすれば、影もちゃんと付きそうですねv-410


| 喜多川春望 | 2016/04/29 19:33 | URL | ≫ EDIT

>喜多川春望さん

そうですね。色々応用できそうですね。
地形の変化については面倒ではあるし、
ポリゴンは少し増えてしまうけど、色々自由に出来そうですね。

| ジャッキー | 2016/04/30 03:07 | URL | ≫ EDIT

クオリティーがグット上がりました!
バッチグーでございます♪ヾ(≧▽≦)ノ

| にいおか | 2016/04/30 23:30 | URL | ≫ EDIT

>にいおかさん
どもです。
仕組みはちょっと不細工ですが、とりあえずやりたかった事が
できてるのでよかったです。

| ジャッキー | 2016/05/01 09:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk13d.blog64.fc2.com/tb.php/1123-1ee353c3

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ