とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

3DCGの用語説明

よく使う用語追加

テクスチャ  
形状に絵を張る

バンプマッピング
形状に擬似的に凹凸をつける

トリムマッピング
形状の一部を切り取る

透明度マッピング
形状の一部を透明にする

詳しい説明は【続きを読む】クリックだ!
画像付きで説明するよ!


まずこういう画像を用意しました。
08aa001.jpg
この画像を元に説明します。

テクスチャ(これは知ってるよね)
板状の形状に張ると絵が描かれる
08aa002.jpg

バンプマッピング(よくバンプ付けたと言うかも)
同じく板に元の画像をバンプとして張る。
08aa003.jpg

黒の部分が出っ張る。へこます事もできる。
でも擬似的になので真横から見るとぺらぺらの板のまま。
これで例えばレンガの壁の凹凸とかを表現したり、服の布地の凹凸を作る。
私は、ほぼすべての形状に当たり前のようにバンプを使ってる。
基本白黒画像を使い、黒か白、どちらかを出っ張らせるという感じ。
白~黒の間の灰色とかで凹凸に差を出す事が出来る。
なめらかに白から黒にグラデーションすると凹凸がなめらかに浮き上がる。

トリムマッピング(私がトリムした、とか言ったらこれの事)
黒い部分を残し切り取る。
08aa004.jpg
これの利点は軽い事。下の透明度と比べ軽いのでレンダ時間も短くて済む。
白黒画像を使いどちらかを切り取るという感じ。

透明度のマッピング(透明度でやった、とか言ったらこれの事)
08aa005.jpg
トリムと似た印象だがこちらは白い所を透明にする方法。
形状は見えなくなってるけど存在する。レンダ時間がかかる。
白黒画像を使いどちらかを透明にするという感じ。

トリムと透明度、似てる印象だが、使い勝手が全然違ってて
その用途ははっきり区別される。(私はね)

この他にも白黒画像を使い、光沢をどちらかだけに効く設定にしたりとかも
ある。発光とか反射とかも任意の場所だけに適応するとかも出来る。


で、応用!
これらを組み合わせて髪の毛を作ってるのね。
どんな感じか見てみましょう。
08aa006.jpg

テクスチャーで描き、バンプで凹凸を付け、透明度でいらない所を透かしてる。
こんな感じで私の作る髪の毛は出来ている。
厳密には光沢1、2、バックライトとか他の要素も足しているけどね。
スポンサーサイト

| 3DCGの用語説明 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk13d.blog64.fc2.com/tb.php/12-0ea9e178

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ