FC2ブログ

とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

莎木3(ShenmueⅢ)

シェンムー III_001
久々にゲームやってます。莎木3です。
正直発売直前まで今更シェンムー3? トレーラー見ても、はぁ?今時このキャラ?
大コケしたゲーム今更出す意味って? とむしろ冷ややかね目で制作から発売までの4年間
時々見てました。

私の莎木1,2の評価はかなり低いです。
当時としては凄い作り込みで、オープンワールドの元祖とも言われてるし、当時としては色んな新しい発想が入ってて
のちのゲームに与えた影響は大きい伝説のゲームとなってますが……正直プレイしててそんなに面白いとは思えなかった。
凄いんだけど何をするにもいちいち面倒なんですよね。
コンビニで物を買うのも商品を1個手に取りレジへ持って行き買う、複数買いたい時は一個一個同じシーンを見ないといけない。
ガチャガチャも一回一回金入れて回して出るというシーンを何度もイライラしながら見ないといけない。
動きも硬い、ドアを開けるのもボタン押すと主人公の涼がよいしょってドアの前に位置調整のために一歩移動してからガチャっと…
リアルを追求するがあまりゲーム性や操作する心地よさを殺してる印象でして。

新しいジャンルとしてFREE(Full Reactive Eyes Entertainment)と言ってましたね。
引き出しを開ける事すら出来るし自動販売機でジュースを買って飲むこともできる、バイトもする。友達に電話もできる。
街の住人は誰一人同じモデルはいない、1だけで250人だかが全て違うモデルで全てに名前やプロフィールがあり生活をしてる。
なのでモブ一人をストーキングしてその人が一日どういう行動をしてるか探る事もできる、
ストーリーと関係ないただのモブなのに悲しいバックボーンがあったり横須賀に暮らす人々を他のゲームにはない作り込みで
再現してる様は異常とも言える。
天候も今でこそリアルタイムで変化するのはあるけど当時マジックウェザーとして晴れや雨、雪等変化する。
クリア後は当時の実際の横須賀の天気を再現した天気で出来る、などなど
異常な程こだわって出来てるゲームでしたね。

シェンムー III_002
ただ、ゲームとしてはテンポが悪くめんどくさい印象が強かった。
あれなんですよね、莎木は他のゲームと比べちゃいけないゲームなんですよ。
他のゲームをプレイする感覚でやっちゃダメなゲーム。
唯一無二の莎木を楽しむ為には莎木をどう楽しむのか理解してないと正直クソゲーにもなりうるんですよね。

3の発表から発売間近までずっと見守ってきてそういうのを思い出し見て来たんです。
私が面倒だと思ってた部分はトレーラー等を見る限りかなり改善されてるようで、例えばガチャガチャにしても
続けてやる場合は回す演出がカットされて短時間で回せるようになってる、とか。
買い物も複数の物を同時にサッと買えるようになってるし、
メインキャラのモデリングはいまいちだけど…そうシェンムー3はインディーズゲームなんですよね。
Kickstarterを用いたクラウドファンディングで資金を集め、制作する事が出来た物で
キャラはしょぼいけどトレーラーで見てる時期は背景は結構頑張ってるなぁって思いながら見てました。
メインキャラのポジションは正直難しい所ではあると思う。
例え資金と技術があっても超リアルな3Dスキャンしたかのようなモデルにしていい物か?という問題もあるでしょう。
私としてはアンチャ1~3が4になった時のように超リアルになってもネイトはネイトだって感じにしてほしかったが
何かデッサン微妙じゃない?みたいな感じになってますね。
ドリームキャスト時代のハイエンドモデルを元にして欲しかったが…大人の事情か、あるいは当時としては凄かったけど
まだまだ発展途上時代のモデルを今使うのより作り直した方がよかったのか…。
バンプもノーマルマップも使えない時代のモデリングだし、表情も現代の物と比べると色々まだまだって感じだし
簡単にベースにするのも難しかったのかもしれないけどね。
ただモデリングした人のセンスは物凄くよかったと思える。

あんなに美人だったシェンファは3では何か平凡な女の子になってるしねぇ、涼も何か顔の幅がおかしい気がする…
センスを感じないんだよね。
逆にモブではシェンファより美人の人とかもいたりして…う~んって感じになる。
モブとメインキャラのモデリングした人違うんでしょうね。
ただ、ずっとトレーラーを見てると段々気にならなくなってきましたw
シェンムー3は18年前に終わったシェンムー2の翌日から始まるゲームなので大きく印象が変わってしまうのは
それはそれで違うって言われそうだし、難しいね。

ドラクエ2の後18年後にドラクエ3が出るってのとは意味が違うからね。
ワンクールのドラマの2話放送した所で打ち切りになって18年後に3話目を撮影したっていうイメージだしね。
18年前と何も変わらない世界観と登場人物たちが出る、まさに18年前の続きがシェンムー3なんだよね。
そういうゲームって他にはあり得ないし、私が面倒と思ってたシステムも改善されて
今なら当時よりも莎木と言う変なゲームをどう楽しむべきかなのを1,2の頃より理解してる。
それらを理解した上でやれば莎木3は楽しめそうだなと思い発売間近で急にやりたい、と思えて買った。

結果…シェンムー3は大きく3つの舞台で構成されるようで
田舎っぽい村、白鹿村(そんなに規模は大きくない、いや、十分広かったけど)
活気あふれる街、鳥舞(結構な規模らしい)
??? 
という感じらしくて今1の白鹿村を満喫し、鳥舞に渡って2週間が経った。
だが鳥舞のワクワクが凄すぎて全く話を進めず、お金稼いで買い物を満喫してるだけの状態ですw

1の白鹿村も十分満喫し楽しんだが、2の鳥舞はやばい。
まだストーリー一切進めてないので行ける範囲はちょっとなんだけどもうやばい。
バイトして釣りして戦って稼いで買い物してゲームセンター行ってガチャガチャして懐かしい友達に電話してるだけで
シェンムー3買って心からよかった!と思ってる。
鈴木裕氏も言ってるがストーリーだけ追うとシェンムー3の2割程しか楽しめない、と。
うん、莎木ってそういうゲームなのよ、無駄な事や寄り道が山ほどある、そこを楽しめないと、いまいちって判定に
なっちゃうだろうね。
私はがっつり楽しんでます。この旅を満喫してます。

まだまだ序盤と言っていい感じだろうけどそんなスクショをご紹介。
一応ネタバレ注意ね。 




 シェンムー III_003 シェンムー III_004
さぁシェンムー2のラストシーンからスタートです!18年止まった時が動き出します!
莎花…あんなに美人だったのに…普通の女の子に…

シェンムー III_010
莎花の住む所白鹿村。2でも莎花の家出てきましたけどね。莎花の家がホームになります。

シェンムー III_011 シェンムー III_012 シェンムー III_013
懐かしいな、メモ帳のシステム。
アイテムを見ると1~2で手に入れたアイテムが…原崎のお守り!!
同級生の田嶋に撮ってもらった…無理やり取られた原崎との写真! 涼の仏頂面が…w

シェンムー III_015 シェンムー III_017 シェンムー III_016
ちゃんとロープまで作ってあるね。 仏像…同じ物もあるが種類が豊富、今後も出てくる仏像のごく一部です。
のちに買えるようにもなるのだがいっぱい種類がある。
この物量…買えるアイテム(3Dモデル)だけでも山ほどある、こんなにオブジェクトの豊富なゲームは他にないんじゃないかって
言うぐらい色んな物が存在する。
村人も全て違うモデルで名前がある。一部名前の確認できない人も存在するが当然キャラの使い回しではなく別の人。
こういうのがこのゲームの頭のおかしい所ですねw
旅を満喫するのにはありがたい作り込みだけどね。 

シェンムー III_018
人々に個性もあるし追及するとそれぞれの立ち位置というか、背景もちょっと見えてくるので
この村で暮らしているという気になれますね。

シェンムー III_019 シェンムー III_020 シェンムー III_021
ガチャガチャって言う名前は使えなかったのかな?今回はグルッパという名前になってます。今回は量が更に多いようです。
ガチャガチャやミニゲームもただやるだけではなくやった後何かに繋がる感じになってます。今回そういう繋がりを大事にしたそうで
やる意味、というか目的意識をもって楽しめます。
ガチャガチャならセットをそろえて売って資金にできるし、質屋で技書と交換出来たりする。

シェンムー III_022  シェンムー III_023 シェンムー III_026
お父さんは今探してるので莎花との二人暮らし!好感度などもあるようです。
とても日常的な会話等から莎花や涼のリアルさと言うか、日常が見えてきますね。
トイレと風呂がないんだけど…外にあるのがそうかな?

昔から少し言われてたけど、一日のサイクルがあって夜には家に帰り就寝ってのがちょっと「ぼくのなつやすみ」っぽいんだよね。
基本自由行動でなにしてもいい感じだし。
ぼくなつは夏休みが終わると終わっちゃうけどシェンムーは時間制限に余裕があるので満喫し放題。
今回の3に制限時間があるのかはわからないけど、白鹿村だけで2ヶ月近く過ごしたかもw
ひたすらバイトした日もあるし数日間釣りしかしなかった期間もあるしw
あれ?確か親父の仇を討ちに行く旅だったよな…みたいな。

シェンムー III_027 シェンムー III_028 シェンムー III_029
ある程度進むと莎花が村で流行ってる遊びをやろう、と顔ジャンケンが出来るようになる………
え?…え?…どういう意味っすか? 顔ジャンケン? お、おう………え?これ何?
って感じがシェンムーだねぇww 
何か意味あるのかな? 好感度に影響するのかな?

シェンムー III_024 シェンムー III_025
今回も引き出し等全部開けられるぜ!
意味あるのかって? 君の家の引き出し、用もないのに開けて何か意味あるのかい? そういう事だw
これがシェンムーというゲームだw
しかしいっぱいあるな…一個一個開けてみるのも大変だよ。今の所特にアイテム等あった試しはないw
と、言うかあっても勝手に取ったら泥棒になっちゃうしね。

シェンムー III_030 シェンムー III_031
好きな時に修行もするぜ!
右の画像の馬歩、鈴木裕氏本人が言ってたけど世界一退屈なゲームw
ほっとくと涼が姿勢を崩し立ち上がろうとするのでボタンをポチポチ押してこの体制を維持するという物になってる。
でも短時間だし、目的意識もあるのでそんなに苦痛には感じなかった。
普通に気が向いた時やってました。

シェンムー III_032 シェンムー III_033 
スパーリング的な事して技を鍛える事も出来るし実戦も出来る。段位を上げたりね。

シェンムー III_035 シェンムー III_036 シェンムー III_037
生薬を摘んでセットで売る事も出来る。同じ所には二度と生えないがいっぱいあるので結構探すの大変。無視してもOKよ。
薪割りのバイト。
私は今の所149本が最高かな。 バイトは1や2でもあったが2のバイトはもう本当にただのバイトだった。
ゲーム性はないと言っていい感じでこれやるならリアルバイトした方がリアルマネーもらえるしいいのでは…と思ったね。
何故セガは私に給料払ってくれないの?って本気で思える程ただのバイトなんだよw
今回はそこまで苦痛じゃないので良かったよ。お金貯めるのが大変なゲームではあるが1と2をやった人なら
これなら全然普通にできますって思えるんじゃないのかな?w

村での暮らし等を満喫しようと思ったらお金はあった方がいいのでね、働いて遊んで満喫しましょう。

シェンムー III_040 シェンムー III_041 シェンムー III_042
あちこちに釣りポイントもあって釣りもします、釣った魚は買い取ってくれるので薪割りに飽きたら気分を変えて稼げます。
魚は大きくても5キロって感じだったが、一回だけ6キロの魚を釣った、でかくてびびりました。

シェンムー III_045 シェンムー III_046
村のゲームコーナー、もちろんすべてプレイできる。

シェンムー III_050 シェンムー III_051 シェンムー III_052
オブジェクトが豊富です。まだこの村ではごく一部って感じだけど。
この村では買える食料は種類が少なくて効率のいいにんにくばかり食べる事になりますw
シュウマイや中華まん、餃子もあるけど野菜や果物等ばかりでした。

シェンムー III_060 シェンムー III_061 シェンムー III_063
村の子供達が凄い可愛かった。モデリングがね。
何か体つきも子供っぽくていい感じだね。

シェンムー III_064 シェンムー III_065 シェンムー III_062
左の子、市場で饅頭やシュウマイ売ってます。
こんな小さいのに働いてるのか~、とつい同情して買っちゃいますw
他にもいかにも小憎たらしい男の子とかもいました。

女子供が多いなぁと思ってたら、男は他の町に出稼ぎにいってると言うのをのちに知る事になる。

シェンムー III_070 シェンムー III_072 シェンムー III_071
真中の女性は韋珍さん(いちん)中々いいです。礼儀正しくて好感持てます。
何度も手合わせさせていただきました。武術のね。白鹿村では一番のお気に入りかもw
右はギャンブル。めちゃめちゃ稼がさせてもらいました
このおっちゃんの頭、きっとハゲあがっちゃうだろうなってぐらいw

シェンムー III_073 シェンムー III_074 シェンムー III_075
白鹿村だけでも色んな人いるね。人物用意するだけで物凄く大変そう。

シェンムー III_080 シェンムー III_081 シェンムー III_082
寺、寺の引き出しを開けると…サターンw
猫、 なぜ薫芳梅(クン・ファンメイ)が出てくるのかと言うと2で 芳梅の事を猫に似てるって涼は言ったからだね。
でも似てるって言ったら猫と一緒にしないで下さい!ってブチ切れられたのに…涼…懲りないな、
っていう小ネタなんだろうね。

シェンムー III_083
チャイ、かっこよくなったなぁw

シェンムー III_084 シェンムー III_085 シェンムー III_086
いよいよ最初の村、白鹿村を旅立つ時が来た。
右の木は莎木の木ね、2のラストでシェンファの家の庭にこの木があり、やっとタイトルの莎木がなんなのかを知った奴。
ちなみに莎木の木の花が莎花(シェンファ)って事でヒロインの名が莎花。

いやぁ白鹿村楽しかったなぁ…でも次の舞台の鳥舞はガラリと雰囲気変わってやばいぐらいワクワクなのです。
一切話進めず2週間も滞在してる程w

長くなったので鳥舞はまた今度。
スポンサーサイト



| ゲーム | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk13d.blog64.fc2.com/tb.php/1540-366be629

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ