FC2ブログ

とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

今回はちょっとえっちぃです!

いやいや、前回何時か更新する為のTOP画像を作ったわけですが…
何時もそうしてるのだがおまけ画像を………
TOP画像の下に「!?」マークがありクリックすると別な画像が出る。

更にそこから……背景と同化してるリンクの文字を……
その画像を作る!

ちょっと画像多くて、長いけどお暇な時にごゆるりと。


別にこのぐらい芸術の範疇だと思うのだが……ま、一応テープを張っておこう。
って言うか…何時も思うな。エロって何だ?って。

人間が裸になった写真をUPすればエロい、と言われてもしかたないが、これは3DCGだ。
腕一本、乳一個、指一本作るのにどれだけの計算と感覚と技術と時間と手間がかかるのか…。
テクスチャーをチマチマと手で描き、
3Dの技術だけじゃなく、絵の技術も使っている。
筋肉の構造を考え、質感を考え、悩み、途方もない手間暇かけて生み出された物だ。
これはまさに総合芸術だ。
これがエロと言われて、ロダンの彫刻が芸術と称えられるのは納得がいかない。
裸で局部も見せてるのでむしろあっちのがエロくねぇ?
いや、確かにすげーこだわりだと思うし、単純にすげ~なって思うけどね。
フォルムや筋肉とか超すげ~しさ。
でも…技術の差はあるが、やってる事は一緒だろ?って思うんだよね。

ま、んな話はどうでもいいや

まずは、犬っ娘ブラジャーを取ってみた!
…え?この時点で芸術か否か怪しい物だなって?
66aa001.jpg
ぼろ~ん!!ハァハァ(←芸術)

そして…パンツの紐を切ってみた!(←芸術…?)
66aa002.jpg
毛の装備してあるパンツの表面と、毛の装備がない裏側が裏地っぽくて丁度良い感じだと思う。

そして毛を装備してる実琴…フサッとね
実は一回レンダしてみて、ほとんど丸出しで……ちょっと見えすぎ?とか思って
やや隠したVERもレンダした
どうしよう…どっちを採用しようかな…。

で、もういっちょ!!
66aa003.jpg
犬っ娘手足のみ!!
大きい犬っ娘ハンドで隠すってちょっとアホっぽくて良いと思わない?
そして手足はあるのにBODYにまったく装備がないって…エロいな
下はテープで隠さなくても大丈夫だと思うんだけど一応テープした。
あ、実琴は隠してるつもりだけど、ちょっと見えてるって感じの絵です。
なので胸もテープしてる。ちょっと見えてるので。


………ん~~~~~
…やっぱ………ロダンと一緒ではない…ね………
ほっといてちょうだい!

もっと大きいサイズの完全版はいつかグラビア写真館のTOPを更新した時に…



あ、後…これは未使用になるっぽいんだけど、
一回超大きいサイズでレンダしてみようと思ってやってみた。
超でかいので、注意してね。容量は500KB程度だけど、
ワイド壁紙の3,2倍ぐらいのサイズなの。
1280×2500という本当にデカイサイズなので、それでも見てみようと思う人だけクリックだ。
66aa004.jpg
あれね…あんまここまで大きくする意味は……感じられないよね。
家の娘ここまでアップに耐えられる感じには作ってないので。
アップで見ても肌質とかイマイチだよなって…感じだよね
何時かすげ~PC買ったら、もっとテクスチャーの解像度も高くしたいな。
作ったテクスチャーをかなり縮小して張ってるしね。それでも結構でかいけど。
もっと描き込んで肌っぽい感じにしたいな。
でもその前にSHADEのUV展開を改良して欲しいな…

ちなみにこのサイズも上なし、紐切れVERがある。
超でかいので注意!
66aa005.jpg
毛並みはアップだとどうなってるのかがわかっていいね。
サングラスとか、昔作った奴だけど結構ちゃんと作ってあるんだよ。
肉球も実はこんな風にポツポツとオウトツが付いている。
こんぐらいアップじゃないと中々判別し難いけどね。
どう?肉球プニプニ押したくならない?
あ~~~~~、もう当分犬の肉球触ってないなぁ…ん~~触りたい…
小型犬の肉球に触りたいなぁ

無駄にでかくて、でもでかい意味が薄いので(苦笑)
もう世に出る事はないと思うが、もったいないのでテープ付きだけどここで公開。

じゃそんな感じで。
スポンサーサイト



| 3DCG | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk13d.blog64.fc2.com/tb.php/75-0bde704b

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ