とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

Blenderに実琴の部屋移植008

つづき

653a001.jpg 653a002.jpg
基本的には人物作る以前に作った舞台なので未熟だし、のちに付け足した物意外は全て自由曲面だ。
冷暖房も自由曲面で苦労してる。今ポリゴンで作り直せばもっとよくなるが、昔の努力を無駄にしたくないのと
めんどくさいのでポリゴンに変換しただけ。
そんなにドアップで写る事もないので十分だよね。大きさとかは測って作ってるし。
パイプ?だけバンプを新調した。

右の額縁の絵は実琴の最高傑作「戦争と平和と癒し」だ。

653a003.jpg
カレンダー、もちろん自由曲面だが、何か変わった作り方をしてたのでちょっと仕組みを直した。
自由曲面だと問題ないけどポリゴンに変換したら怪しくなったので。
元は丸まってて型が付いて、壁に掛けてもその丸みが残ってて
っていう形状を意識して当時作った。

で、この面の壁は完成
653a004.jpg
スポンサーサイト

| 3DCG | 06:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんな機能もあります

お部屋のデータ移植作業進んでいますねv-407
お暇があればで良いですが、ちょっとした機能紹介をしたいと思いますので、覗いてみてください。

カレンダーの作り方をみて、こんな方法も有りかな?というので、データを作ってみましたv-407
参考データを作りましたので、下記のURLからダウンロードしてみてくださいませ。

http://1drv.ms/1IiSDJ7
※クリース機能説明.blendというデータがそれです。

番号順に作成手順が並んでいますが、三次曲面をベジェ曲線で作って、実体化→細分化と進んでいます。

ここでポイントとなるのが「クリース」という機能が出てくるところ(データ内の「05_エッジを利かせる」というところになります)です。

これはワンメイクポリゴンに対して、エッジを出したい箇所を指定し、細分化(サブディビジョンサーフェス)が働いても、この箇所に丸めを避けることができます。

これはShade15ではOpenSubdiv(オープンサブディブ)という名称で搭載予定の機能になります。
http://shade3d.jp/product/v15/new/5.html

CG制作であれば、エッジを出したい箇所は面を分けて作るのが通例かと思いますが、3Dプリンタデータになると面の分割状態が許されないため(閉じた面を作る必要があるので)こうした機能でエッジを出すように追加された機能になります。

ただ、紙のようなちょっとした厚みの必要なモデルで角(エッジ)を出したい場合があるので、使い所によっては面白い使い方ができるのではないかと思っていますv-407

現状でも角を出すにはポリゴンを増やして近接エッジを作ればそれっぽくできなくもないですが、この機能はポリゴンを増やすことなくエッジを出すことができるので、データ作りも軽くなると思いますv-407

人体ならば、丸みだけでない箇所(例えば目の周辺とか)にこの機能を使うとポリゴンを増やすことなくコントロールができることになるので、使いようによっては面白いのではないかと思いますv-392

クリース機能は以下のURLで詳しく紹介されています。
https://jrblender.wordpress.com/memos/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B8%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9/

※文字化けしちゃってますがURLは「https://jrblender.wordpress.com/memos/モデリング/エッジクリース/」になります。コピペで行けます。

(人体での適用例です)
https://twitter.com/fuyumidori/status/511432911883468801

という内容でしたv-407

| 喜多川春望 | 2015/01/12 19:53 | URL | ≫ EDIT

>喜多川春望さん
なるほど、ファイル確認しました。そして自分でもテストしてみました。
オープンサブデビねwww
先にオープンサブデビで名前覚えちゃったので今はこっちの呼び方の方がしっくりきますwww

なるほど、私だったら…う~ん、どういう場面で使うかなぁ~。
SHADE15の新機能発表の時にも想像してたんですけど、
あんま思いつかなかったんですよね。
サブデビかけた物の一部だけ解除、またはゆるくするとどんなメリットがあるか、と。
あんまり角をそのまま表現する事がないので。大抵ベベル的な事しちゃうし。
角のサブデビをゆるくして再現した場合、いざ形状を編集するとなると
ややこしい事になりそうかな、とか

人物の一部だけサブデビのかけ方を変えて、オウトツを表現…でもはやりその後の
編集で色々めんどうな事になりそうだし…とか。

でも記事にあったような円柱的な物の柱部分にだけサブデビってのは使えそうですね。
サブデビによるちぢみがなくなるっぽいので寸法通り(形状通り)のサイズで
作れるっぽいのかな?
人物は…私だったら…小鼻の横(頬との境)をカキッとさせるのに使えるかな…
とかでしょうか。

うん、今後物作る時にはクリースを何処で使うと有効かも考えながら作れるといいですよね。

ちなみにカレンダーですが、私はこの手の一枚の紙に厚みはつけませんwww
葉っぱとかも律儀に厚みつけてる人いますけど…大抵もっさりしてるし、
もっさりさせないとなると厚み付けの効果は薄いし…
肉厚な葉じゃないと私はしないかなぁ。
葉っぱの葉脈とかがドアップ映すとかって言う高いクオリティの葉っぱメインの作品の
場合は厚みも考えるかも知れないけど…普通に木々や張り紙は板ポリ一枚で十分と
思ってる人ですwww
3Dプリンターとかも使う気ないですしね。


クリース機能の紹介ありがとうございました。
常に頭の隅に入れつつ物作る事にしますv-411

| ジャッキー | 2015/01/13 02:51 | URL | ≫ EDIT

>右の額縁の絵は実琴の最高傑作「戦争と平和と癒し」だ。
おぉ!モンドリアンを超えました♪ヾ(≧∀≦*)ノ〃

| にいおか | 2015/01/13 04:57 | URL | ≫ EDIT

>にいおかさん
モンドリアン?検索するまで知らなかったです。
芸術は奥が深いですね~………v-394www

私はギャグなのにな~(*/∇\*)キャ

| ジャッキー | 2015/01/13 06:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk13d.blog64.fc2.com/tb.php/949-1b759aa7

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ