とりあえずブログ(3DCG制作メインの日記)

3DCGの知識がない人でも見れる感じにしてます。私が知識ないので(笑)

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

Blenderに実琴の部屋移植23

昔作ったタブレットPCを移植して置く予定。

666a001.jpg
アナログスティックとボタンはVITAと同じサイズにした記憶があるww

666a002.jpg
完成。
ここで、ちょっと悩んだ。
モニターはSHADEではホーム画面とか、録画中とか、ゲーム中、画像を用意して
スイッチジョイントで切り替えてるんだけど、 Blenderではこういう場合どうしたらいいんだろうと…

Blenderにスイッチジョイント的なのないよねぇ?
う~む、不便だなぁ…
スポンサーサイト

| 3DCG | 06:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

グループというのがありますが…

>Blenderにスイッチジョイント的なのないよねぇ?

私もShadeのスイッチ機能に成り変わりそうなのを模索してました。そこで行き着いたのが「グループ機能」です。

「Blender入門#14:グループ化というもの」
http://www.cgradproject.com/archives/2154

グループ化する…ここまではどこのWEBサイトでも機能紹介してくれているのですが、その後のコントロール方法について解説してくれているところがあまり見当たらなかったです。

グループごとに表示のON/OFFができるようになるので、似たような使い方ができると思います。私は人物の服装や髪型をグループ化させて、それぞれをON/OFFさせるという使い方をして、Shadeで言うスイッチジョイント的な事をしています。

グループ化したオブジェクトはグループごとにコントロールが可能になります。通常Outliner(Shadeでいうブラウザ)の表示は「全てのシーン」が表示されていますが、これを「グループ」という表示に切り替えます。

すると、グループ化したオブジェクトのみが表示されるようになりますので、今度は、そこから表示(レンダリング)のON/OFFをすればスイッチジョイントと似たような切り替えができるようになります。

ただ、Shadeのように特定グループのみのスイッチングとしての使い方はできません。グループ化したオブジェクトは全て同一のものとして扱われるため、グループ化するにあたって、名称の付け方が重要になると思います。

例えばゲーム画面ならばグループ名に「ゲーム画面_ホーム」「ゲーム画面_録画」等わかり易い名前をつけて、検索で「ゲーム画面」と打ち込むことで「ゲーム画面」に関連したオブジェクトグループのみが表示されるようになるので、そこで切り替えが可能になると思います。

名前で表示をコントロールすることになるので、コントロールしやすい名前をつけるというひと工夫が必要になるかと思います。

>モニターはSHADEではホーム画面とか、録画中とか、ゲーム中、画像を用意して
>スイッチジョイントで切り替えてるんだけど、 Blenderではこういう場合どうしたらいいんだろうと…

ただ、この内容を見る限り、テクスチャを一つのオブジェクトに対して複数用意して、画面表示の切り替えをすればShadeであってもスイッチ機能を使うことなく画面の切替ができるかと思いました※

スイッチジョイントだと、オブジェクトそのものを切り替えるので、形が変わるものに対して有効かと思いますが、同一オブジェクトでテクスチャのみの切り替えならば、表面材質のテクスチャの表示をON/OFF(Shadeならば適用率を1.0にするか0.0にするか)すればオブジェクトを増やすことなく画面表示の切り替えができると思いました。

理由は分かりませんが、表面材質からのコントロールが面倒?というのであれば、スイッチジョイントでも良いと思いましたが、同一データがいくつもできるとそれはそれでシーンデータが重くなるだけではないかと思った次第です。

※自分で提案しておいてなんですが、確かに表面材質のテクスチャを複数枚用意したとしても、どの画面が映るのか?というのを確認するのは困難ですね。少ない枚数ならばなんとか探せるかもしれませんが…そういう意味ではスイッチジョイントのほうが探しやすいと思いました。

便利な機能…そのまま使えると良いんですけどねv-409

| 喜多川春望 | 2015/02/15 10:22 | URL | ≫ EDIT

> 喜多川春望さん
そうなんですよね~、部屋の各壁や、天井等は時にスイッチで非表示にするって事を
SHADEではしてたので、グループ化してとりあえずスイッチの代用としてたのですが、
厳密にスイッチではないので今回の細かいオブジェクトのスイッチとなると
舞台のグループの中の一オブジェクトがまたグループってなって少々面倒だなぁと
感じます(TεT)

>テクスチャを一つのオブジェクトに対して複数用意して、画面表示の切り替えをすれば
>Shadeであってもスイッチ機能を使うことなく画面の切替ができるかと思いました※

ええ、それでもいいのですが、完成した作品の設定を弄って切り替えるって事を
したくなかったんですよ。
ボーンを弄るならいいけど、形状の変更はしたくない、って感じと似てて、
設定を弄らすスイッチで対処するって方が私が個人的に納得出来るのでwww

MAYAとか有名ソフトにはスイッチジョイント的なのないんでしょうかねぇ?
あれば Blenderにも何時か付くかもと希望が持てるんですけどwww


>同一データがいくつもできるとそれはそれでシーンデータが重くなるだけではないかと思った次第です。

ファイル容量は増えてしまいますが、同時に表示するわけではないので操作自体は
スイッチ使っても重くはなりませんよ。
私はTシャツの柄とか水着とか何種も用意してるけどスイッチで切り替えていて全部形状は
別ですが同時に表示しない限り一個分の軽さですみます。

もっとわかりやすいのは町のデータでは各家単位でスイッチにしてて
見えない家はスイッチで非表示にしています。
全ての形状を表示すると重いですが、スイッチで非表示部分を増やすごとに
軽くなるし、もちろんレンダ時間も短縮されます。
と、言う事でスイッチジョイントは結構使える子なんですよね~。

Blenderではやはりグループで代用するしか今の所手がないのですね~(TεT)

| ジャッキー | 2015/02/16 03:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk13d.blog64.fc2.com/tb.php/967-b292bb2d

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ